学校評価について


学校評価って?



法律で
「高等学校設置基準」の一部改定(14年3月29日)に伴い、「教育活動その他の学校運営の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するよう努める」ことになっています。

県教育委員会では
平成15年3月から「群馬県学校評価システム」が作成されて県内すべての学校で実施されています。

利根商では
法律と県のシステムに従い、学校独自の評価対象や評価項目、数値目標、方策等を策定して、評価・公表等を行います。

キーワード
保護者・地域住民への説明責任⇒地域・保護者と連携した教育
学校の自己評価と公表
具体的な数値目標
学校の特色化

学校評価の流れ
PLAN(3〜4月)
→DO(5〜2月)具体的数値項目・方策に応じた2回の点検・評価(9月と12月)・公表
→CHECK(2月)達成度を職員が自己評価・公表説明・意見聴取
→ACTION(3月)目指す姿や数値項目の見直し・教育活動や方策見直し、次年に

※評価にあたって、9月と1月に生徒・保護者に対してアンケート調査を実施しますので、その際はご協力をお願いします。


平成15年度学校評価一覧 平成16年度学校評価一覧 平成17年度学校評価一覧
平成18年度学校評価一覧 平成19年度学校評価一覧 平成20年度学校評価一覧
平成21年度学校評価一覧 平成22年度学校評価一覧 平成23年度学校評価一覧


前のページへ戻る ページトップへ